住めば都 在オランダ25年 オランダ式楽しい暮らし                                                                            English     Dutch     Japanese



X'mas-1-1.jpg

オランダのクリスマス

オランダでは、クリスマスイベントは、12月5日の『聖ニコラスの降誕祭』と25日の『イエス・キリストの降誕祭』と2回です。
日本ではなじみのない『聖ニコラスの降誕祭』は、子供が主役のイベントで、小さい子供のいる家庭では、心待ちにしています。
聖ニコラス(
シンタクラース)は、11月中旬にお供のズワルトピートと共にスペインから蒸気船でやってきます。このイベントをイントフトといいます。
シンタクラースは杖と本を持っていて、本にはオランダのよい子たちがリストアップされ、リストに載ってる子達にプレゼントを届けるのです。
お供のズワルト・ピートは黒い肌で、シンタクラースが服従させた悪魔だったとか、ムーア人だとか、煙突の煤で黒くなったとか色々言われていますが定かではありません。
現在では、シンタクロースは楽しいお供のズワルト・ピートを連れ、プレセントをくれる素敵なおじいちゃまとしてオランダ中の子供達に大人気です。子供たちはズワルト・ピートが大好きで、顔を真っ黒に塗ってズワルト・ピートの仮装をしのオランダの子供たちが、シンタクロースとズワルト・ピートを出迎えるイベントに行くため、オランダ各地では、小さいズワルト・ピートだらけになります。アムスのカウントダウンでも、「ウノ!ドス!」とかスペイン語を使って、思い切りラテン系のノリで、大人も童心に帰って楽しみます。
聖ニコラスについてオランダでは、子供達の守護聖人として、また、海運の守護聖人として崇められています。


  sinterklaas&pieten-1.jpg