住めば都 在オランダ25年 オランダ式楽しい暮らし                                                                            English     Dutch     Japanese



images/gourmet-2012-5-1.jpg

ホワイトアスパラガス

5月に入るとオランダではスーパーの野菜売り場、オープンマーケットにホワイトアスパラが並び始めます。もちろん四月ころから見られますが値段は旬の倍近くします。
ホワイトアスパラガスはオランダ南部のリンブルグ州の特産品で、収穫するためにポーランドなどからの季節労働者がやってきます。
おいしく食べられるのが夏至までと、一般常識になっており我が家でも5月、6月は良く食べます。
私がオランダに住み始めたころは、旬の間でも、とても高価なものでしたが、経済システムの変化に伴い10年前くらいからは、それほど高価なものでもなくなりました。

ホワイトアスパラガスは、かぼそいSS サイズからLL サイズまであり、上質とされるのはMとLの間くらいでしょう。
そしてその調理方法はいたって簡単です。オランダの伝統的な食べ方をご紹介します。
まずアスパラガスの根もとを約5、6センチ切り落としピーラーでトップの丸いしたのとことろまで薄く皮をむきます。
次に出来ればアスパラガスを立てたままゆでられるなべにたっぷり水を入れ一つまみの砂糖と塩をいれ茹でます。沸騰してから約く20分弱で茹でます。
茹で上がったものはざるにとります。
アスパラガスを」茹でている間に固ゆで卵を作っておき、薄くスライスします。
溶かしバターを作ります。(バターは無塩バター、アスパラガスのゆであがると同時)ゆでたアスパラガスに上等のロースハムとスライスしたゆで卵を添えて溶かしバターをかけて食します。
このときのジャガイモは、マルタ産の新ジャガイモをゆでたものです。
これはオランダでは夏を迎える前のサンデーディナーです。とてもシンプルですが上質のホワイトアスパラでこそ出来るお料理です。
  

     images/gourmet-2012-5-2.jpg    images/gourmet-2012-5-3.jpg